新しい価値としての「ニュース」/自分で解題「仙台発ローカルメディア最前線(1)」

電子書籍とPOD出版を組み合わせた拙著のタイトルに「ローカルメディア最前線」を入れている理由は二つあります。

第1に、文字通り仙台を中心とした地域メディアの新しい動きに注目しています。既存メディアの動向には一切、触れていません。無視しているわけではないのですが、従来までのメディアの常識や前提ではとらえきれないような動きが確実に生まれている。だから、そのあたりをしっかり「見える化」しておく必要があります。地域を舞台とする新しい動きを仔細に追いかけると、既存メディア、特に筆者が得意とする地方新聞業界の常識とはだいぶかけ離れたところに存在していることが次第に分かってきます。

それらの事例は、既存の主流メディアにかかわっている一部の人たちの目にも触れているはずです。既存メディアの伝統や事業規模からすれば、「仙台発ローカルメディア」に登場する事例は、まるで微弱電流のようだと感じるかもしれません。そうした事例が存在する意味さえとらえきれていない可能性もあります。

しかし、そうした地域における実践の担い手たちに会い、話をすればするほどに、自分を育ててくれた既存メディアの問題点と、解決法がおぼろげながらにつかめるような気がします。拙著では、その解決法について、とりまとめることは、あえてしていません。素材としてしか提供していないので、ご関心のある人はぜひ目を通し、自分の頭で考えてみてください。歴史も背景も異なる地方新聞社を取り巻く事情を正確に踏まえなければ、本当の意味での解決法にはなりません。その意味で、既存メディアの「中の人」たちにとって、解決のための方法を外部の誰かに示してもらうことはもはや禁じ手に近いはずです。

第2に、長い間、ほとんど無意識に使ってきた「ニュース」という言葉が、インターネットやデジタル技術の発達に伴い、新しい意味や実践の現場を獲得しつつある点に着目しています。

「ニュース」といえば、これまでは特定の報道機関が多数の受け手に向けて届けるものでした。発信者と受け手が、いわば「1対多」の関係に立つマスコミュニケーションの形態でした。発信者はおおむねプロフェッショナルな職業者として登場しました。

しかし、インターネット、特にソーシャルメディアが社会の隅々に浸透するにつれて、ニュースの現場は、これまで考えてこなかった可能性と魅力に富むものになりつつあります。その可能性と魅力を無視するかぎり、ニュースの世界は、旧態依然の手あかにまみれたものであり続けます。これからのニュース世界は「インターネット社会」「デジタル社会」とともに拡大し、新たな価値を求めて、多様な当事者が活発、かつ柔軟に活動するステージとなりえるはずだ、というのが、拙著を支える理念のようなものです。

メディアプロジェクト仙台の公式ブログ…

メディアプロジェクト仙台の公式ブログ「Web日誌2.0」を更新しました。
「新しい価値としての「ニュース」/自分で解題「仙台発ローカルメディア最前線(1)」です。自分の作品を振り返るのは少し恥ずかしいのですが、あえて・・。

http://www.media-project-sendai.com/?p=1119

電子書籍とPOD出版の組み合わせ

新聞社在職時、共同通信社の技術支援を受けて電子書籍を発行しました。とにかく売れませんでした。新聞に広告を出しても、注文どころか問い合わせのメールもまったく届きませんでした。

電子書籍の市場自体、立ち上がったばかりだったし、もともとiPad専用の電子書籍だったので、販売に苦労することはある程度、予想していました。それにしても「わが新聞に、影響力がこれほどないとは・・」とがっくりきました。協力いただいた筆者にも大変な迷惑をかけました。「新聞読者とデジタルサービスの利用者の間には深くて暗い川がある」と、悔し紛れに言ってみますが、仕事人生、最大の失敗事例でした。思い出すたびに冷や汗が出ます。

今回の出版企画は電子書籍がメーンで、POD(プリントオンデマンド)、つまり、受注生産による紙の本の出版がサブのプランでした。自分名義の電子書籍が出たと伝えると「紙の本なら買うのに」と残念そうに言う友人、知人、親戚が予想以上に多いのに驚きました。20年近く、地方新聞社のネット部門を担当してきた関係で、いつの間にか紙の読者が遠くなっていたかもしれません。電子書籍と紙の本の双方にニーズがあるという、極めて当たり前のことにあらためて気付いた次第です。

もっとも、わたしたちが慣れ親しんできた紙の本に比べ、電子書籍は何と言っても後発の新規分野です。リリース後の周知一つにしても、確立した手法はないので、ソーシャルメディアなどを活用しながら筆者が自分の著作を育てていくアプローチが必要なようです。

さらに重要なのは、電子書籍のボリュームと紙の本にしたときのページ数の問題です。電子書籍版の「仙台発ローカルメディア最前線」は計算上、平均して1時間31分で読めることになっています。価格は700円。紙の本としては120ページで1200円の値段がついています。

スマホやタブレット端末で読むのに、ボリュームはどれぐらいが適当なのかは、経験がないので分かりませんでした。なるべく軽いボリュームにする方がいいだろうと思い、自分の原稿をネットで実際に読んでみて、大幅な削除と、必要な編集を繰り返しました。その結果、出版社に渡した原稿は、準備した原稿の半分ほどになりました。

さらに2か月後に出来上がった紙の本は、何となく抱いていたイメージとは違って、まるでポケット本か、少し厚めのブックレットのようなサイズでした。これならページ数をもう少し増やしたかった、と思いましたが、出版社の担当者に聞けば、PODの場合、価格は、100頁、おおむね1000円になるんだそうです。もともと140頁だったのを、編集上の工夫を加えてぎりぎり120ページ、1200円の価格に押さえたとのことでした。

POD出版で出回る書籍の中には5000円近い価格がついているものも数多くあります。価格は内容次第であるとは言え、あまり高いのは非現実的です。その点、実績もない無名の筆者が出版するに際して、1時間半程度で読める電子書籍とポケット版1200円という組み合わせは、ほとんどベストマッチに近いような気がします。読者の立場で言えば、価格が1000円ならもっとうれしい。

あまり言われないことですが、電子書籍が紙の本に比べて価格が安いのは、年金生活者にとっては朗報でもあります。ひと昔前と違って今のシニア世代は、PC、インターネット、スマホをよく使います。高齢社会ならではの、POD出版を組み合わせた電子書籍が多様に広がる可能性は高いように思うのです。

「仙台発ローカルメディア最前線」リリースから3カ月

 

 

まさか自分の名前が表紙にドカーンと載ることになるとは・・。電子書籍「仙台発ローカルメディア最前線」が2017年3月29日、アマゾンのKindle版として出ました。さらに普通の紙の書籍(POD版)として出たのが5月1日。自分名義の書籍がこの世に出てからほぼ3カ月が過ぎたことになります。電子書籍と紙の書籍の組み合わせによる出版の経験はなかなか面白く、デジタルと紙の出版の可能性をあらためて教えてくれました。「仙台発ローカルメディア最前線」で掲げたテーマも、その後の動きが速く、適宜フォローが必要です。このブログに新しいカテゴリー「仙台発ローカルメディア最前線」を設け、報告することにしました。Facebookでもお知らせします。お時間のある方はぜひお立ち寄りくださいませ。

◆ ◆ ◆     ◆ ◆ ◆

新聞社時代は、連載企画の担当になると、最後に出版という、おまけがつくことがありました。臓器移植医療や高齢化問題でかかわった取材が特に印象に残っています。数人の同僚とチームを組んだ作品ですが、どちらも米国取材を担当したので、思い出深い仕事となりました。

今回の出版は初めての自著です。株式会社デジカル(香月登代表取締役)さんにすべてお任せしました。デジカルさんの新ブランド「 PIONNIER」シリーズに参加させていただきました。「 PIONNIER」シリーズの理念を紹介します。

明るい未来を拓こうと動いている”先駆者(PIONNIER)”たちがいます
PIONNIER(ピオニエ)は最前線で躍動する先駆者たちの知見を、
デジタルコンテンツとしていち早く発信する場として生まれました

果たして自分の仕事がこうした理念にふさわしいかどうか、面はゆいところです。今後のフォロー取材も含めて、少し先に評価していただくとして、それ以上に驚いたのが表紙のデザインでした。案が届いてみると、鮮やかなオレンジ色に自分の名前がドーンと・・。驚きました。会社員暮らし40年の間にしみついた防衛本能が早速働き、尻込みしかかりましたが、待て待て、フリーになる時に、自分ブランドを何とかしないと、とてもやっていけないと決意したはず。ありがたくお受けしよう・・。と自分に言い聞かせるようにして出版にこぎつけた次第です。

電子書籍としての諸元は以下の通りです。

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 8555 KB
  • 出版社: PIONNIER (2017/3/29)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語

    (続く)

 

電子書籍と紙の書籍をリリースした体験…

電子書籍と紙の書籍をリリースした体験と、その後のフォロー取材の報告を始めました。メディアプロジェクト仙台の「Web日誌2.0」です。書籍についてのご質問やご指摘等は、Facebookで受け付けています。よろしければお付き合いください。

http://www.media-project-sendai.com/?p=1100

映画評論家で字幕翻訳家、齋藤敦子さん…

映画評論家で字幕翻訳家、齋藤敦子さんの第70回カンヌ国際映画祭報告(1)を東北発のニュースサイト「TOHOKU360」に掲載しました。齋藤さんが2008年から担当してきた河北新報社の映画サイト「シネマに包まれて」は更新が終了しました。バックナンバーはご覧いただけます。
http://tohoku360.com/cannes1/

地域メディアのありように関心をお持ち…

地域メディアのありように関心をお持ちの全国のみなさん、仙台ではこんなことが起きています。ぜひお立ち寄りを!どうなるのか予想がまったくつきません。
https://www.youtube.com/c/NPOmediage/live

東北発のニュースサイト「TOHOKU360」…

東北発のニュースサイト「TOHOKU360」に記事が掲載されました。お時間のある方はご覧ください。
http://tohoku360.com/float-shonai/

 【宣伝につき注意】縁あって、アマゾ…

 【宣伝につき注意】縁あって、アマゾンの仕組みを使って出版する経験を踏むことができました。今回は、電子書籍(kindle版)がまずあって、加えてプリント・オン・デマンド(POD)版を出す企画でした。幾つもの貴重なポイントを感じました。アマゾンという、大きな市場の様子を、出版する立場で観察できたのが一番大きかったかもしれません。
特に実に多様なランキングが興味深い。1時間ごとにランキングが更新されるスピーディな環境は、ネット社会の現実にあらためて触れるようで、とても参考になっています。https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E4%BB%99%E5%8F%B0%E7%99%BA%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E6%9C%80%E5%89%8D%E7%B7%9A