Permalink

off

間もなく発刊です/「令和のローカルメディア」(1)

「令和のローカルメディア 防災・関係人口拡大に向けた課題」が2021年7月末、あけび書房から発売になります。東日本大震災後のローカルメディアの現場を追い続けている松本松本恭幸さん(武蔵大学教授)からの誘いで、ビデオ作家で、NPO法人市民がつくるTVF副代表の佐藤博昭さんとフリーライター佐藤和文が参加しています。佐藤和文は「第1章 立ちすくむ地方紙―未来を引き寄せるために」と「第5章 新たなウェブメディアの潮流-地域のウェブメディアはこれからどう発展していくのか」を担当しています。アマゾンで予約受付中!

「ローカルメディア」とひと口に言っても、現場の実態や意味合いは複雑で多様です。既存の新聞やテレビ・ラジオまで含めた「ローカルメディア」の可能性についてトータルに表現した例も、それほど多くないように思われます。

ローカルメディアの世界は、時には微弱電流のように細々としていますが、人のかかわりがさまざまに存在する、不思議で、多様な世界です。「令和のローカルメディア 防災・関係人口拡大に向けた課題」では、このメディア世界をなるべく丹念に見渡しながら、近未来につながる議論の材料を提供しようとしています。結論を導き出すのは第三者的な専門家や観測者ではありません。複雑な現場をよく知る「中の人」自身が立ち上がる以外に道は開けません。

以下、参考までに目次を掲げます。

 

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

まえがき―3.11からコロナ危機までの期間、ローカルメディアはどう変わったのか

第1章 立ちすくむ地方紙―未来を引き寄せるために

はじめに

① ローカルメディアはネット社会とともに

ネット草創期を振り返る

縮む新聞―地方紙の苦境

「新聞」から解決策は生まれない

② 地方新聞社の新展開

メディアプラットホームのすすめ

古くて新しい問題「ハイパーローカル」

参加型メディアであること

「上から目線」は最悪の禁じ手

③ 静岡新聞社の挑戦

画期的な「イノベーションリポート」

シリコンバレーが改革の機運つくる

大石前社長へのインタビュー

④ ローカルメディアの手掛かりはどこに?

イメージは「メディア・ビオトープ」

地方新聞社ならではの資源

古民家再生とローカルメディア

第2章 CATVはどこへ向かうのか 

―業界再編が進む中で地域密着志向の独立系CATV局の目指すもの

はじめに

① CATV局による自主放送

地域の情報を伝えるコミュニティチャンネル

コミュニティチャンネルの運営委託

② 大都市圏の独立系CATV局の現状

KCNグループの各局

地域に密着した番組制作を目指して

KCNグループの今後の課題

③ 開局から半世紀を迎えた老舗CATV局の現状

世帯加入率9割以上のLCV

コミュニティチャンネルの重視

LCVの今後の課題

④ 他局とのつながりを通した事業展開の可能性

地上波民放2局の宮崎で誕生したBTV

海外の放送局との交流を通して

⑤ インフラビジネスからコンテンツビジネスへの回帰

ニュース報道に取り組む中海テレビ放送

米子をハブにした情報配信

中海テレビ放送の新たな挑戦

第3章 コミュニティFMの変遷①  ―災害時の役割をめぐって

はじめに

① 阪神・淡路大震災をきっかけに誕生した「FMわぃわぃ」

② 中越地震、中越沖地震の災害放送

臨災局をきっかけに全国初のコミュニティFM局の開局

コミュニティFM局から臨災局へ

③ 3.11で数多く誕生した臨災局

コミュニティFM局による災害放送

臨災局の開局支援

④ 熊本地震の災害放送

災害時に市民に聴かれるための平時の放送

総合通信局による臨災局支援と残された課題

第4章 コミュニティFMの変遷② ―地域づくりの役割をめぐって

はじめに

① 21世紀の沖縄における開局ラッシュ

県庁所在地に誕生した2局目のコミュニティFM局

人の繋がりを通した新たな開局

② おらが街のコミュニティFM局

聴取率83.7%のコミュニティFM局

地域に密着した様々な取り組み

③ 観光協会が運営するコミュニティFM局

オフトーク通信に代わる町民参加型メディアとして

第三セクターに代わる公設民営局

④ 離島でのコミュニティFM局開局

苦戦するNPOによる開局

CATV局による開局

⑤ 近年開局したコミュニティFM局の運営方式

「きらら方式」による開局

「京都三条ラジオカフェ」をモデルに開局

コミュニティFM局にとってベストの運営方式とは

第5章 新たなウェブメディアの潮流 

―地域のウェブメディアはこれからどう発展していくのか

はじめに

① 自由なメディア論が地域を耕す

既存メディアにとってのヒントも

東日本大震災をきっかけに

ローカル由来のウェブメディアを支える人・ヒト・ひと

② 西東京をカバーする「ひばりタイムス」

自然体で地域のテーマを追う

事実を伝えることの難しさ。地域のリアリティを踏まえて模索

メディアOBがローカルメディアを立ち上げるとき

③ メディアの現場を拡張する「TOHOKU360」

参加と連携が最大のエネルギー

試行錯誤が続く参加の仕組みづくり

地域メディアの目標は「地域連携」

 

第6章 地域映像祭の動向  ―その課題と展望

はじめに

① 市民映像のハブとしての東京ビデオフェスティバル

TVF2021に応募された映像

TVFの42年と市民映像作家たち

市民映像が向き合った地域の課題

① TVFの初期の動向と市民映像作家たちの課題

②過疎化と高齢化に向かい合った映像作品

③ 地域で発生した困難を地域だけの問題にしない

② 今日の地域映像祭での地域づくりにつながる取り組み、そこで生まれる映像作品

地域の魅力と場所の力

地域と映像制作の新しい関係

市民映像のハブとしての映像祭

 

第7章 自治体広報の新たな展開 

―防災、シティプロモーションに向けて

はじめに

① 大規模災害時の被災地での自治体広報

東日本大震災での対応

熊本地震での対応

② シティプロモーションに向けた自治体広報

首都圏、関西圏でのフリーペーパーの発行

県域民放局に代わる地域映像配信を目指して

 

第8章 市民メディアの現場は今 

―SNS全盛期における市民メディアの活動の担い手の現状

はじめに

① かつての市民映像の作り手は今

各地の市民映像祭

地域の映像の作り手がつながるビデオサークル

若い世代の市民映像制作者を育てるために

② ミニコミの現状

人と地域をつなぐミニコミ

地域のモノを届けるミニコミ

③ 市民ラジオの取り組み

④ 広がる市民のトーク空間

地域で開催される多様な市民講座

市民が対話する哲学カフェ

⑤ インターネット放送によるトークライブ配信

商店街のインターネット放送局

コミュニティFM局に代わるインターネット放送局として

 

 終 章  防災と関係人口拡大に向けたローカルメディアの課題のまとめ

はじめに

新聞・放送系ローカルメディアの動向と課題

市民、自治体によるローカルメディアでの発信の動向と課題

あとがきにかえて―ローカルメディアの将来の方向について

執筆者紹介 

Comments are closed.