ネットに置いてけぼりにされる/自分で解題「仙台発ローカルメディア最前線(3)」

目の前で起きつつあるメディア的な事例の数々を自分なりに可視化しようと考えたのが「仙台発ローカルメディア最前線」の発想の出発点でした。 拙著に登場してくれた多くのみなさんは、新聞や新聞社との関係で存在しているわけではありま … Continue reading

新聞のこと、そして「地域」と「ネット」の掛け算/自分で解題「仙台発ローカルメディア最前線(2)」

電子書籍とPOD出版の提案を受けた際、テーマを「地域メディア」にすることはすぐに決まりました。河北新報社という地方新聞社で40年も過ごした経験を土台に、地域メディアが目指すべき方向について、少しは有効な指摘や提案ができれ … Continue reading

新しい価値としての「ニュース」/自分で解題「仙台発ローカルメディア最前線(1)」

電子書籍とPOD出版を組み合わせた拙著のタイトルに「ローカルメディア最前線」を入れている理由は二つあります。 第1に、文字通り仙台を中心とした地域メディアの新しい動きに注目しています。既存メディアの動向には一切、触れてい … Continue reading

電子書籍出ました/「仙台発ローカルメディア最前線」

フリーになってからの3年間の取材を軸にまとめた電子書籍が本日、アマゾンからリリースされました。「仙台発ローカルメディア最前線」。kindle版です。株式会社デジカルの金風舎「PIONNIER メディア選書」シリーズの第一 … Continue reading

ウェブメディア「soar(ソア)」 の理念/地域メディア公開編集会議から

仙台市市民活動サポートセンター主催の「地域メディア公開編集会議」=写真=が2016年11月3日、仙台市青葉区の仙台市市民活動サポートセンターで開かれました。「共感を生み、伝わるメディアをつくろう」を主テーマに興味深い議論 … Continue reading

地域から報道する意味/「北上山地に生きる」(河北新報社)から

 手元にある「北上山地に生きる」という本が気になって読み返しています。副題が「日本の底辺からの報告」。河北新報社盛岡支社編集部編。1973年(昭和48年)に勁草書房から出版されました。 「北上山地」について筆者たちは「は … Continue reading